Schoffel

MAIL NEWSMAIL NEWS
ONLINE SHOPONLINE SHOP
YouTube facebook twitter instagram
staffreport1506_top1

スタッフ登山レポート@三重県大杉渓谷

[ 登山日 ] 2015年 5月30日(土)  [ 天候 ] 晴れのち曇り

ショッフェルのブランドモットー「Ich bin raus.」は、≪今いるところから一歩踏み出し、変わっていこう≫という意味も込めたもの。簡単に言えば≪外に出よう、自然の中へ≫ということで、スタッフ達がお店を飛び出し、フィールドに。1回目となる今回は、日本三大渓谷・日本秘境百選の『大杉谷』へ。

staffreport1506_01
staffreport1506_02

ALBi大阪店で集合し、車を3時間ほど走らせ大杉渓谷登山口に。奈良県側のルートもありますが、今回は三重県側から入山。登山道入り口を抜ければ左手にエメラルドグリーンの宮川が流れます。美しさに見とれながらも、足もとが滑りやすい鎖場は滑落に十分注意。大杉谷最大の落差135mを誇る「千尋滝(センピロ滝)」は、晴れの日が続き水量が減っていたため、圧倒的瀑布、水煙立ち込めるとまでは行きませんでしたが、頭上から降ってくるような感じが印象的でした。

staffreport1506_09

鎖場で登り降りを繰り返すと、巨石が並ぶ「猪ヶ淵(シシ淵)」に。スケールの壮大さを感じながらさらに歩くと、渓谷の奥にある「ニコニコ滝」に到着。マイナスイオンに癒されながらしばし休憩します。

staffreport1506_05
staffreport1506_06

巨大な岩の壁が見えてくると、長い吊り橋が。道中、何本も吊り橋を渡りましたが、この「平等嵓吊橋(ビョウドウグラ吊橋)」はとにかく高くて長い。高さ約50m、全長82m。高所恐怖症の僕には非常に過酷な場所でしたが、なんとか通り抜け、折り返し地点「桃ノ木山の家」に。ここからまた来た道を戻ります。片道6キロほどの中級者向けコースを4時間ほどかけて歩きましたが、雄大な景色と綺麗な川がとても印象的。滝や吊り橋、巨大な岩や、鎖場など、バリエーションに富んでいて、登りごたえのある場所でした。日本秘境百選に選ばれる大自然を体感し、さらに山へ登りたくなりました。

[今回のルート]  大杉渓谷登山口 登山開始 → 千尋滝(センピロ滝)前休憩所 → 猪ヶ淵(シシ淵)→ ニコニコ滝 → 桃ノ木山の家(折り返し地点) → 千尋滝(センピロ滝)前休憩所 → 大杉渓谷登山口 登山終了

吉野熊野国立公園内にあり、国の天然記念物(天然保護区域)に指定されている三重県多気郡大台町にある大杉谷。ユネスコエコパークにも認定されている中級向けの登山道は、三重県側、奈良県側とどちらかでも登れます。この夏、涼を求めての山行をお探しの方はぜひ。

大杉谷登山センター http://oosugidani.jp/

staffreport1506_07

staffreport1506_08

左:ウォークポイント大阪店 久保

右:大丸心斎橋店ショッフェルコーナー 森本

 

 

 

 

ウォークポイント 大阪店

大阪府大阪市北区梅田3-2-135 ALBi(アルビ)
TEL:06-6347-4600
営業時間:11:00~21:00
http://www.albiosaka.com/floor/02

大丸 心斎橋店 ショッフェルコーナー

大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 大丸心斎橋店北館10階
TEL:06-6227-8827
営業時間:10:00~20:00
http://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/